「ファンタスマゴリア~闇に封印された映像コレクション」の感想

(フィルマークスに感想を書く欄が無かったのではてなブログに書きます)

 

 5人の映像作家が持ち寄った不気味な映像を上映し、その映像作家1人と小中千昭高橋洋があれこれ話し合うというイベントの記録映像。全体として、映像よりも映像について3人が語っている部分のほうが面白かった。やっぱり恐怖について語る語彙がけた外れに多いので、マニアとしては聞いていて楽しい会話。持ち寄られた映像5本+追加1本は主にフィルム映像で、フィルムの持つ禍々しさについては高橋洋も詳しく語っていた。こういう不気味なフィルム映像を上映するという行為も若干ホラーの内側に取り込まれつつある状況のようで、会場の空気感はとてもよさげなものだった。怪談をして盛り上がるときのノリ、集団で集まって積極的に怖がろうとしているノリが個人的には良かった。

伊藤隆

 アメリカの個人写真店で発見された映像らしい、アメリカのホームビデオ。子供がうつるときだけフィルムの様子がおかしくなるらしい。

 

安原伸

 地方にありがちな秘宝館のような珍スポットの中をめぐる映像。この建物のテーマは宗教的なものらしく、キリスト像と仏像が所狭しと並んでいる。電波系の匂いもかなりあり、マッカーサーの像もなぜか置いてあった。

 

山崎幹夫

 ブルーフィルムと言われる、性的な目的で撮られた映像の変わり種のようなもの。男女が裸になってイチャイチャする映像なのだけど、撮り方が伊藤高志の実験映像のようなコマ撮りだったりした。

 

④宮崎淳

 かなり個人的には好きなタイプの映像。神社や日本家屋のなかで撮影されたフィルムだが、時折、戸川純のようなタイプの女性が白塗り姿で登場する。日本家屋の不気味さをテーマにイメージ映像を撮ったらこうなるかもなという印象を受けた。

 

⑤村上健司(+高校で撮られたらしい呪われた映画「残響」)

 村上さんが持ち寄ったフィルムは2本あった。まず最初の映像は念写実験の記録映像らしい。田中正夫研究室というところで行われたらしい念写実験だが、が実験後に被験者が次々と死んでいっていることが示される。

最後に村上さんが見せた映像、群馬の高校で撮られたらしい呪われた学生映画「残響」がまた荒れた思春期の匂い甚だしいもので、怖い怖くないは別として個人的にはグッときた。